不動産のリフォームコストを下げるコツ

リフォームは不動産の価値を維持し、資産価値を向上させるうえでも欠かせないものです。
老朽化に伴う床や壁、外壁や屋根のリニューアルから、キッチンや浴槽、トイレなどの住宅設備の交換など、築年数の経過や使用の頻度による老朽化に伴うリフォームが1つのパターンです。
老朽化に伴うリフォームは、不動産の価値を維持するためにも、どの建物でも一定の期間が経過したら行うべき工事といえます。
これに対して、他の目的では家族構成やライフスタイルの変化に伴うリフォームや、より快適な生活を営むためのリフォームが挙げられます。
家族が増えたために部屋を1つ増やすための間取り変更や、子供が巣立って住む人数が減ったことにより部屋を減らしてリビングを広くするなどの工事が挙げられます。
また、和式トイレを洋式に、洋式便座をウォシュレットや節水型など最新のモデルにするなど、生活を快適にするための工事も人気です。
もっとも、これらの工事は予想以上に高額の費用が必要になることが少なくありません。
住宅ローンの返済が続いている中でのリフォームとなるケースも多いので、少しでもコストを安く抑えたいと考えるのが基本でしょう。
コストを下げる第一の方法は、信頼のおける複数の業者から見積もりをとって比較することです。
大手業者や地元の工務店、リフォーム専門店などから見積もりを取り、業者への交渉の際に相見積をしていることや、他店ではいくらだったと交渉のツールに使います。
交渉が上手くいけば、最も気に入った実績ある会社に最も安い値段を提示した業者と同程度の料金で工事を請けてもらえる可能性もあります。
なお、工事作業はアウトソーシングなどを行わず、全て自社スタッフでの施工のほうが同じ工事をするにもコストを抑えることができますので、自社施工かも確認しましょう。
老朽化や故障による住宅設備の交換工事に際しては、各業者で行っているキャンペーンや特価品を利用するのもコストを下げる1つの方法になります。
1つ前のモデルや在庫が余っている製品などを、市場相場より大幅に安く提供していることがあります。
最新の住宅設備を希望する場合には、工事件数の多い業者やメーカーと直接仕入れをしている業者を探すといいでしょう。
工事件数が多いとメーカーや卸売業者から、有利な条件で製品を仕入れられることが多く、メーカーからの直接仕入れの場合には中間マージンが入らず安く仕入れられるため、利用者にも安く提供できるからです。

Comments are closed.