不動産において方角選びは重要な要素です。

部屋探しは様々な角度から調べるのが重要です。
不動産選びで重視されることの一つとして重要なのが、方角です。
中には、軽視される方もいらっしゃいますが、様々なメリットが出てきます。
方角によっては日当たりがいいと、差し込むお日様が気分もウキウキになりますから、運気が前向きになるでしょうし、健康にだっていいはずです。
実際に、近隣にマンションができて日照権をめぐっての裁判が起こる位ですから、方角は重要な要素だといえます。
そこで今回は、いい方角と日当たりのいい部屋の条件を考えたいと思います。
基本的に、方角は東向きが朝のお日様で目覚めたい人向けで、南向きならば日の当たる時間が長いのが好きな人にうってつけです。
反対に西向きは西日の直射日光がきつく、北向きは日当たりが悪く、ジメジメしているというのが一般的な傾向です。
基本的に太陽は東から昇って西に沈みます。
ですから角度は若干変わりますが、安定して差し込む光の位置がわかります。
住いを選ぶ際には、太陽の方角から確認することもできます。
次に注意すべき点は、日当たりがよくても造りがしっかりしていないと意味がありません。
例えば、窓の位置がそうで、窓が南側になければ折角のお日様の恩恵を受ける事が出来ません。
また、仮に南側にあっても窓が小さければ効果が薄いので部屋のつくりを確認することは重要です。
また、周辺の環境も確認しておきましょう。
仮に南向きで造りがよくても、周りに大きなマンションがあったり、今後そういったものが建てられるということは十分あります。
そうなりますと、折角の好条件が打ち消しになってしまう可能性があります。
ですから前もって不動産会社の人に確認する事や、実際に歩いて周りを確認する作業がとても大切でしょう。
しかし、注意しないといけない点が一つあります。
それは不動産会社の表示をうのみにしてはいけないということです。
中にはだます企業もありますが、そういった企業はまれで、むしろ単に勘違いをしている場合が多いのです。
こうした案内は経験を積ませるために新人の営業の方がやることが多いので、確認を怠っている可能性があります。
しかも磁石などを持っていない場合がありますから、磁石を持って念のために確認しておきましょう。
一人暮らしの際には、方角をそれほど考えない人が多いようですが、家族と住むならば別問題です。
日当たりだけでなく様々な納得のいく条件の物件を探して明るい家庭を築いてくださいね。

Comments are closed.