不動産のリフォームコストを下げるコツ

リフォームは不動産の価値を維持し、資産価値を向上させるうえでも欠かせないものです。
老朽化に伴う床や壁、外壁や屋根のリニューアルから、キッチンや浴槽、トイレなどの住宅設備の交換など、築年数の経過や使用の頻度による老朽化に伴うリフォームが1つのパターンです。
老朽化に伴うリフォームは、不動産の価値を維持するためにも、どの建物でも一定の期間が経過したら行うべき工事といえます。
これに対して、他の目的では家族構成やライフスタイルの変化に伴うリフォームや、より快適な生活を営むためのリフォームが挙げられます。
家族が増えたために部屋を1つ増やすための間取り変更や、子供が巣立って住む人数が減ったことにより部屋を減らしてリビングを広くするなどの工事が挙げられます。
また、和式トイレを洋式に、洋式便座をウォシュレットや節水型など最新のモデルにするなど、生活を快適にするための工事も人気です。
もっとも、これらの工事は予想以上に高額の費用が必要になることが少なくありません。
住宅ローンの返済が続いている中でのリフォームとなるケースも多いので、少しでもコストを安く抑えたいと考えるのが基本でしょう。
コストを下げる第一の方法は、信頼のおける複数の業者から見積もりをとって比較することです。
大手業者や地元の工務店、リフォーム専門店などから見積もりを取り、業者への交渉の際に相見積をしていることや、他店ではいくらだったと交渉のツールに使います。
交渉が上手くいけば、最も気に入った実績ある会社に最も安い値段を提示した業者と同程度の料金で工事を請けてもらえる可能性もあります。
なお、工事作業はアウトソーシングなどを行わず、全て自社スタッフでの施工のほうが同じ工事をするにもコストを抑えることができますので、自社施工かも確認しましょう。
老朽化や故障による住宅設備の交換工事に際しては、各業者で行っているキャンペーンや特価品を利用するのもコストを下げる1つの方法になります。
1つ前のモデルや在庫が余っている製品などを、市場相場より大幅に安く提供していることがあります。
最新の住宅設備を希望する場合には、工事件数の多い業者やメーカーと直接仕入れをしている業者を探すといいでしょう。
工事件数が多いとメーカーや卸売業者から、有利な条件で製品を仕入れられることが多く、メーカーからの直接仕入れの場合には中間マージンが入らず安く仕入れられるため、利用者にも安く提供できるからです。

不動産をリフォームする時の基本的な流れ

不動産のリフォームは、幾つかのシチュエーションが考えられます。
まず一つ目は、これまで住み続けている住宅のリフォームです。
そして二つ目は、中古住宅を購入した後、希望する住まいへとリフォームする方法です。
いずれの場合においても、リフォームする段階になりますと、その流れはほぼ同一となります。
まず最初に行うべきことは、リフォームによってどのような住まいへと変えたいか、その確認です。
その内容は具体的であればあるほどいいですが、この時点では、まだぼんやりしたイメージでも構いません。
そして次に行うのは、リフォームにどれだけの予算を費やすことができるのか、その設定作業です。
貯蓄で行うのか、ローンを組んで行うのか、その方法も含めて、現実的にいくらまでだったら出すことができるのか、限度額を決定しておきましょう。
そしてここから先は、リフォーム業者と協力する作業へと入っていきます。
そのためには、まずリフォーム業者を探さなければなりません。
ここでアドバイスしておきたい点は、過去の工事実績を確認すること、そしてリフォームの得意分野をチェックすることです。
その際、一番最初に考えておいたリフォームのイメージが役立ってきます。
そのイメージを得意とする業者を探すことをメインとし、過去の実績や相見積もり、並びにリフォームプランの提案等を行ってもらいますと、業者選びも、わりとスムーズに運んでいくはずです。
その後は、請負契約前に何回かの打ち合わせを行います。
この時、気をつけておきたいことは、請負契約後にプラスアルファの仕事をお願いしたり、追加予算が発生しないよう、完全にリフォームプランを決めきることです。
必ずではありませんが、請負契約後の追加発注では、割り増しと感じられる料金を請求される可能性もありますの注意しましょう。
後はお約束した日程に沿って、現場での作業となります。
その際、定期的に仕事内容をチェックすることをお勧めいたします。
完成後に正式な検査項目が用意されていますが、どのような仕事ぶりなのか、日程に遅れが無いのかをチェックすることで、余計なトラブルを避けることができるでしょう。
そして改めて完成後の検査に立会い、契約内容と相違無いのか、その出来映えをしっかり確認した後、晴れて引渡しの運びとなります。
その際、リフォーム業者から頂く請求書については、期日をしっかり守り、支払いましょう。
大切な不動産を生まれ変わらせるリフォームのお仕事は、両者の信頼関係の下に成り立っています。
出来上がった姿に喜ぶ気持ちもよく分かりますが、最後までそれぞれが責任を果たすことは、今後の良好な関係を維持するためにも、しっかりと行いたいものです。

不動産経営は宅建資格が必要

不動産は誰でも販売できるものではありません。
なぜならば、もしこういった免許がなければ、暴力団などの悪い人々が不当な値段で売りつけたり、詐欺まがいを行いをする危険性があるからです。
そもそも鎌倉時代でも現代でも、土地の取り合いや農業用水の争いで、戦争や裁判などが行われていたわけで、それだけ土地は重要です。
ですから国が認めた宅地建物取引主任者資格が重要になります。
この資格はとても難しく、合格率が10パーセント前後で、ある程度勉強する必要があります。
これがあって、初めて不動産業を経営することができます。
基本的に宅建資格は、1つの事業所に5人に1人取得していないといけません。
ただ安心してほしいのは、経営者が持ってないといけないというわけではありません。
ですから経営を始めた時に従業員が持っていれば問題なく、例えば11人の事業所ならば、3人が取得していればいいということになります。
また、この3人が辞めた場合、すぐに営業ができなくなるかといいますとそうではなく、2週間も猶予期間があって、その間に人材を確保すれば問題がないというのも重要です。
条件がそろったら宅建の免許を使って知事に申請し、県をまたぐ場合は国土交通大臣に申請する必要があります。
宅建資格は一生有効ですが、免許の期限は5年となっているので更新を忘れずに行いましょう。
また、不動産の売買には多額のお金がかかります。
ですから、万が一トラブルになると大変な事態になって大型の詐欺事件でも起きれば、国家単位の経済問題に発展しかねません。
そこである制度が、「営業保証金制度」です。
これは本店1000万円で支店は500万円必要で、供託をしなければ事業の開始は不可能です。
しかし、こういったお金を簡単に供託するのは地域のお店では困難といえます。
そこで救済措置として、保証協会に加入するというのがあります。
開業後は、標識の掲示と報酬額の掲示が必要になります。
こういったものは、たいていは看板に貼られていることが多いです。
また、帳簿と名簿も備えておく必要があり、特に帳簿は閉鎖後5年の保存義務があります。
このように、不動産を扱うのは責任が大きいといえますので、これだけ様々なハードルが存在します。
ただ、その分支店が多い企業はそれだけ基盤が出来ていて安定しているということになるので、信頼性も増します。
開業しようと考えている方は、できればご自身で資格を取り、開業の準備を一つずつ行っていくことをお勧めします。

初心者でもわかる不動産開業の流れ

独立したいと考えている方、自分の力でお金を生み出したいと考えている方が目指すことの一つとして、「起業」があります。
自分で会社をおこすのは簡単ではありませんが、しっかりとビジョンを掲げて自分の軸をぶれずにやっていくことができれば、不可能ではありません。
ここでは、自分で不動産開業したいと考えた場合についての、不動産開業の流れについてご紹介していきます。
まず、不動産開業を行う場合は事務所を設置する必要があります。
不動産業界では営業を行う必要があるかと思いますので、事務所を置く場所は非常に重要です。
事務所の場所を一度決めてしまうと、何度もいろんな場所を転々とするのは難しくなります。
特に、1店舗目として事務所を構える場合は「本店」という位置づけになるため、ある程度周りの環境などを考えてどの地域に事務所を設置するかを決めましょう。
基本的に、開業するなら個人で行うよりも法人として行ったほうがビジネスの幅が広がるため、やりやすくなります。
そのため、事務所の設置が完了したら会社を設立しましょう。
会社を設立するためにはいくつか決めるべきことや申請などが必要になりますので、必要書類の準備を行い、手続きを完了させます。
会社の設立が完了したら、次は免許の申請を行いましょう。
不動産における免許というと、宅地建物取引業免許が該当します。
宅地建物取引業免許は申請すれば必ず受かるというわけではなく、非常に厳しい審査をクリアしなければ免許をもらうことができません。
また、免許の申請を行う前に必要最低条件が存在していますので、最低条件を満たすためにもまず条件の確認を行うことが大切です。
申請のための準備ができ次第、正式な手続きを進めていきましょう。
免許の申請が完了した後におすすめする手続きがあります。
それは、全宅保証への加入です。
基本的にマンションやマイホーム、中古一軒家の物件であっても最低金額は何百万以上といった高額を扱うことになります。
全宅保証に加入しておけば、営業保証金がなんと1000万円も免除してくれるので初期費用を抑えることができ、あまり資金が少ない人でも安心して開業することができます。
以上が開業の流れとなります。
どんなお仕事に関しても言えることですが、仕事をして多くの人と金銭取引を交わす以上、しっかりと責任をもって仕事を遂行することが大切です。
今後開業するかどうか考えている方、営利目的だけでなくお客様がいてのビジネスであることを忘れずにいてください。

不動産において方角選びは重要な要素です。

部屋探しは様々な角度から調べるのが重要です。
不動産選びで重視されることの一つとして重要なのが、方角です。
中には、軽視される方もいらっしゃいますが、様々なメリットが出てきます。
方角によっては日当たりがいいと、差し込むお日様が気分もウキウキになりますから、運気が前向きになるでしょうし、健康にだっていいはずです。
実際に、近隣にマンションができて日照権をめぐっての裁判が起こる位ですから、方角は重要な要素だといえます。
そこで今回は、いい方角と日当たりのいい部屋の条件を考えたいと思います。
基本的に、方角は東向きが朝のお日様で目覚めたい人向けで、南向きならば日の当たる時間が長いのが好きな人にうってつけです。
反対に西向きは西日の直射日光がきつく、北向きは日当たりが悪く、ジメジメしているというのが一般的な傾向です。
基本的に太陽は東から昇って西に沈みます。
ですから角度は若干変わりますが、安定して差し込む光の位置がわかります。
住いを選ぶ際には、太陽の方角から確認することもできます。
次に注意すべき点は、日当たりがよくても造りがしっかりしていないと意味がありません。
例えば、窓の位置がそうで、窓が南側になければ折角のお日様の恩恵を受ける事が出来ません。
また、仮に南側にあっても窓が小さければ効果が薄いので部屋のつくりを確認することは重要です。
また、周辺の環境も確認しておきましょう。
仮に南向きで造りがよくても、周りに大きなマンションがあったり、今後そういったものが建てられるということは十分あります。
そうなりますと、折角の好条件が打ち消しになってしまう可能性があります。
ですから前もって不動産会社の人に確認する事や、実際に歩いて周りを確認する作業がとても大切でしょう。
しかし、注意しないといけない点が一つあります。
それは不動産会社の表示をうのみにしてはいけないということです。
中にはだます企業もありますが、そういった企業はまれで、むしろ単に勘違いをしている場合が多いのです。
こうした案内は経験を積ませるために新人の営業の方がやることが多いので、確認を怠っている可能性があります。
しかも磁石などを持っていない場合がありますから、磁石を持って念のために確認しておきましょう。
一人暮らしの際には、方角をそれほど考えない人が多いようですが、家族と住むならば別問題です。
日当たりだけでなく様々な納得のいく条件の物件を探して明るい家庭を築いてくださいね。

実家で使っていない土地を売却しました。

実家の不動産の土地を売却しました。
以前は親戚が家を建てて住んでいた土地ですが、その親戚が別の場所に引っ越したので、家を取り壊して更地にして持っていた土地です。
私の家は農家なので、いずれそこで作物を作るなど父が言っていたのですが、他の土地の作物で手一杯ですし、持っていても税金を取られるだけなので売ることを勧めました。
手続きなどをすべて私がやるなら売っても良いそうです。
売却代金はもちろん実家のものになるのですが、手間賃として売買代金の一割を渡しにくれるそうです。
一割でも安月給なサラリーマンの私にはけっこうな額なので、なるべく高く売りたいです。
会社で付き合いのある不動産会社、かなり大きな不動産会社なのですが、その人と仕事で話をする機会があったので土地の話をすると、販売の仲介をしてくれるそうです。
そこらの不動産会社とは格が違う会社なので、安心して任せることができました。
後はその会社がお客さんを見つけてくれるのを待つだけです。
万事任せた状態で二ヶ月くらい過ぎた頃、携帯に電話がかかってきて「契約が成立しそう」とのことでした。
購入希望者は企業で、地方の営業所をそこに建てたいそうです。
名前を聞いたことある会社なので売却先として問題ありませんし、額も相場より高めです。
もちろん売ることにしました。
私が中心になって不動産を売るのは初めてのことでしたが、案外スムーズに行きました。
任せた不動産会社が良かったようです。
私が土地を購入する時のことを考えてみても、そこらの小さい不動産会社から購入する気にはなりませんし、信用第一で安定した経営をする不動産会社を選びます。
大きな買い物だけに失敗は許されません。
その土地を扱うにふさわしい会社と取引をするべきです。
実家の土地を売却して、まとまったお金が入ってきたので父は喜んでいました。
私も約束通り1割の手数料をもらったのでホクホクです。
不動産売買の実績が出来、実家からの私の信用もアップしましたので、これから実家の不動産売買の中心メンバーに抜擢されそうな気がします。
農家にとって土地は命ですが、それだけに土地を遊ばせておくのは勿体ないです。
住宅用は特に税金を持って行かれるので、必要の無い土地は売却しましょう。
高値で売れるまで売れない。
そういうスタンスで構えていれば、いずれ相応しい売却相手が見つかる可能性があります。
信用できる不動産会社を見つけて相談すれば、きっと力になってくれます。

不動産で中古のログハウスの購入を考えています

私の夢はログハウスの不動産を持つことです。
できれば周りが緑に囲まれているような場所で、ロッジのようなログハウスに住みたいと思っています。
以前からログハウスについて調べていたのですが、けっこうメンテナンスが難しいようで、木材ですからクセがあり、上手につきあっていく必要があります。
それなりの知識や経験が必要な家らしいので、私には無理かもと半分あきらめていたりもします。
そんな時にネットの中古の不動産を見ていて、以外と中古のログハウスが多いことに気づきました。
中古のログハウスなら格安で販売しているものも多く、新築で購入するよりも費用を抑えることができます。
ログハウスの中古も状態が良いのがあり、きちんとメンテされていたものなら木も落ち着いているので、その後は案外メンテしやすくなっています。
状態が悪い中古物件だと苦労しそうですが、値段が安ければそれも納得ですし、その家で知識やテクニックを得るのも良さそうです。
中古のログハウスで古いものは建物自体の価値はそんなに無いので、仮に家がぼろぼろになったとしても、土地に不動産価値があります。
その土地に新しいログハウスを建てるのも良いですし、更地にすれば購入した時よりも高く売れることもあるくらいです。
中古のログハウスは不動産物件としてお得な気がするので、良い物件があれば購入したいと考えています。
昔別荘として購入した物件を手放す方が多いと聞くので、別荘地の物件などは豊富にあります。
山小屋のようなログハウスも多いので、それらを買って別荘として使うか、そこに住むのも良さそうです。
別荘地は案外環境が整っているので生活しやすいと聞きます。
定年退職後に別荘地で暮らす方は多いらしく、別荘地だけに田舎のしがらみなども少なくて移住先にはとても良いようです。
私もあまり人付き合いが上手な方ではないので、それを考えると別荘地に住む方が向いている気もします。
中古のログハウスの物件なら、安いものなら100万円台とかでもあるので、そのくらいなら十分購入できます。
今支払っている家賃を考えると移住すればすぐに元は取れそうなので、経済的な買い物になりそうです。
田舎のログハウスを購入し、そこで生活をした時に仕事をどうするかですが、そこさえクリアできれば問題は無いでしょう。
子供の頃からの夢だったログハウス暮らし、中古なら実現できます。
ネットでじっくりと不動産情報をチェックしていこうと思います。

のんびりライフに憧れがあるので田舎にある安い土地を購入したい

田舎に不動産の購入を考えています。
田舎の山の麓などは土地が安いので、費用を抑えて土地や家が建てられます。
多少町から離れていても車があれば生活ができますし、都会での生活も飽きましたので、田舎でのんびり暮らしたい気分なんです。
人間はやはり自然無くして生きてはいけず、近くに緑があるのが自然な暮らしです。
そうした暮らしは田舎でないと体験ができません。
田舎の不動産の購入ですが、今は割合簡単に購入できます。
インターネットで探せば多くの物件が見つかりますし、不動産会社ともメールや電話でコンタクトができます。
場合によっては個人で売りに出している土地も見つかりますし、自治体が不動産を売買していたり安価で貸し出しているところもあります。
この情報化社会ですから田舎の物件探しは難しくありませんので、購入する意思さえあればどなたでも購入できるはずです。
その場所がどういうところか実際に見て確認をしたり、地域のリサーチは必要ですが、購入したいと思う物件ならば、それらもまた楽しいでしょう。
私が今考えているのは、田舎に土地を購入して、そこに小さい家をセルフビルドしようかと思っています。
普段は今住む家で生活をし、休日などにその田舎の土地でのんびりしたいです。
自分の土地を持つのは人間の夢でもあります。
田舎なら格安の価格で土地が購入できるので、その夢を実現できます。
100万程度で購入できる土地も多く、狭い場所ならもっと安いかもしれません。
建物が付いていて格安の物件も多いです。
家を取り壊す方が費用がかかるからです。
土地を購入した後には毎年固定資産税がかかりますが、築年数の古い家だと税金も安くなるのでお得です。
現状では住めない建物でも手直しをすれば生活できるようになり、自分でコツコツ修理するのが楽しい、もしくは古い家に住むのが好きな方には適した物件です。
私は土地を購入して、そこに小さいログハウスか、掘っ立て小屋みたいなのをたてたいです。
4畳半や6畳くらいのキットが売られていますし、それを購入すればセルフビルドができます。
今はやりの若者の小屋暮らしのように、ホームセンターで材料を買ってきて基礎からすべて自分で作るのも難しくはありません。
家の建て方なども今はネットで情報収集ができます。
土地だけ買ってそこでキャンプをするのも良いですし、車を泊めて宿泊するのも良いでしょう。
家庭菜園も楽しそうです。
田舎の不動産を購入すれば、都会暮らしでは味わえない充実感が得られそうで、実行に移そうと考えています。

苦労して不動産業者とやり取りを行い、やっと手に入れた我が家の家作り

昨年の秋から、新居の建築に向けた不動産取引をいくつか行ってきました。
まず最初に行ったことは、土地探しです。
車椅子を使用した生活に対応できる家を作りたいと、当初はリフォームを考えていました。
しかし敷地面積が小さかったので、リフォームでも十分な対応はできないという結論に達しました。
そこで今よりも広い土地を近くで探し始めて、近隣地域に手頃の不動産を見つけました。

ただし、ここで一つだけ問題がありました。
それは古い家屋付きの、中古物件という形だったのです。
建物は既に50年近くも経っている平屋ですから、不動産屋も建て替えを目的とした販売が基本だと言っていたと記憶しています。
単純に販売価格については、交渉の甲斐もあって予算内に収めることができました。
ただし解体費用について含んでいなかったので、その分はオーバーとなってしまいます。
これには正直悩みました。

8これ以上の値引き交渉は無理そうでしたし、不動産探しのきっかけとなった母は、南向きに広く取られた土地をすっかり気に入っており、すっかり買う気になっていたのです。
それでも私は、今後のことを考えると、すぐに購入に踏み切ることは出来ませんでした。
上手にやり繰りすれば、今後の家作りも含めた予算内に何とか収まりそうです。

しかしギリギリであることは、ギャンブルであると言うことも知っていました。
注文住宅で家を建てた方の話を幾つか聞いてきましたが、全てが当初の予算をオーバーしてしまったと言うのです。
それは我が家も例外ではないでしょうから、多少の余裕を持たせておきたいと思っていました。

それでも母の執心ぶりに、最後は私も父も折れる形で、この建物付きの土地を購入することにしました。
ちなみに、その後の家作りは、やはり予算ギリギリの戦いを強いられることになってしまいました。

広尾ガーデンヒルズも良いと母は言っていましたが、やはり、マンションより戸館の方がいいかなと思いました。
ちなみに広尾ガーデンヒルズの家賃相場はこちらのサイトがくわしいですよ⇒広尾ガーデンヒルズの相場

ローコストの総二階立てとは違って、一階のみが母の生活スペースになること、車椅子使用の作り、広さを強いられることとなったため、考えていたよりも建物価格が大きくなってしまったのです。
そうなることはある程度予想できていましたが、まさかここまで割り増しの価格になるとは思っていなかっただけに、その時は母を責めてしまったこともあります。

しかし、もう引き返せない状況でしたから、節約できる所は節約していき、省ける設備は省くといった形で、何とか完成のめどを立てることができました。
そして完成すると、母が私の苦労も知らずに大喜びです。
母の快適な暮らしを目的に始めた家作りですから、苦労しながらも形に出来たことで、ようやくその苦労から開放されました。

不動産で重要なのはリフォームです。

不動産のリフォームで考えがちなのは、少しでも安くしようということではないのでしょうか。
しかし、そういった考えは落とし穴にはまりやすく、様々な失敗を招きます。
折角値段を下げてお得だと思っていたのに、商品のグレードを下げて、工事の範囲を減らすと効果が少なかったうえに、余計な費用が掛かってしまう傾向になります。
そしてまた追い銭を使ってしまっては元も子もありません。
そこで今回は満足しつつ、安くできるちょっと贅沢な悩みをかなえてくれるリフォームのコツをお伝えしたいと思います。
まず「餅は餅屋」ということわざがありますが、リフォームの事は見積もりを作った業者が知っているもので、どの工事がお金がかかりやすいかもすぐにわかります。
彼らは重要な部分とそれほどでない部分を熟知していて、例えば壁紙のグレードを落としてかなり安くなったという話がありますが、それほどリフォームそのものに影響させず、何万円も安くなりました。
反対に結構重要な部分を削除したのに値段がそれほど変わらなかったという話あって、大体の予想は彼らに確認することが大切です。
その際にどの程度安くなって、どの程度のリスクがあるかがわかるからです。
前述の壁紙なら豪華さが足りないとか、若干断熱に弱いとかですが、地域や趣味によっては問題なくリフォームできます。
次に、リフォームの範囲を絞るということで、どうしてもフルで行うと時間も料金もかかってしまいます。
そこで本当にしたい場所を絞るのですが、メリットはクオリティーが高くなりがちということです。
しっかりと話し合ったうえで重点的にできるので、本当にしたい部分で最高の結果をもたらすことができます。
また、老朽化のリフォームの場合は早めに手入れするのも安くする重要な点です。
例えば塗装の場合、悪くなる前に手入れを行うと、下地処理が不要になるので、クオリティーが高く、しかも安くなるという話があります。
つまりは思い立ったが吉日ということですね。
そして盲点になりがちですが、しっかりと業者と話し合うことです。
よくある話ですが、リフォームの最中に「これがほしい」「あれがほしい」というのはよくあることで、急な変更は工期を送らせて、料金を跳ね上がらせることにつながります。
ですから、前もってチェックシートを用意して、漏れがないかを確認します。
そして、出そうなトラブルも前もって確認しあいましょう。
仮に出てきても最低限の予算で済ますことができるからです。
この様に、リフォームの安くする方法は様々な手段があります。
ですから、皆さんも興味を持って、対応することが望ましいです。